岡山県南での会社設立・創業融資・助成金申請を徹底サポートいたします。運営は澤根哲郎税理士事務所。無料相談は随時受付中です。まずはお気軽にお問合せください。

許認可申請サポート

  • HOME »
  • 許認可申請サポート

許認可申請サポート

jigyoukeikaku
特定の事業によっては、新たに事業を始める際に行政の許可が必要な場合があります。たとえば、建設業、不動産業、酒類販売業、中古物品販売業などが、法律により行政機関の許可、認可が必要な業種です。

このような許認可を必要とする事業をおこなおうとする場合、会社の定款の事業目的には許認可を取ろうとする業種の記載が必要だったり、事業目的をどのように記載する必要があるのかを確認する必要もあります。

さらに許認可取得のために一定金額以上の資本金が必要であったり、その他様々な要件を整えておかなければならないこともあるので、事前に申請窓口となる官公庁などで確認しておく必要があります。

当事務所でお手伝いできる許可申請

建設業の許可申請

建設工事の完成を請け負うために必要な許可が建設業許可です。工事の請負代金が500万円に満たない軽微な工事につきましては、建設業許可を取得する必要はありませんが、元請、下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請け負う建設業を営もうとする者は、建設業許可を受けなければらなりません。
建設業許可を取得するためには、一定の要件(条件)を満たさないといけません。そのため建設業許可を持っていることは、実績があるという風にみなしてもらいやすくなり、取引先はもちろん、金融機関への融資申請時などにも有利に働きます。金融機関との取引を円滑にするためにも、建設業許可を取得しておくことは経営者として大きなリスクヘッジとなります。

宅地建物取引業の許可申請

宅建業とは、宅地、建物などを
(1)自ら当事者として売買または交換
(2)売買、交換または賃貸の代理
(3)売買、交換、または賃貸の媒介を事業とすることです。
この宅建業を事業とする場合には、宅地建物取引業の免許が必要となります。

古物商の許可

比較的容易に始められる業種ですが、無許可営業は3年以下の懲役、又は100万以下の罰金に処せられます。

古物を買い取って売る。
古物を買い取って修理等して売る。
古物を買い取って使える部品等を売る。
古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
古物を別の物と交換する。
古物を買い取ってレンタルする。
国内で買った古物を国外に輸出して売る。
上記の行為ををネット上で行う。
上に挙げた行為は、古物商許可を受けておく必要があります。

サポート料金

個別見積りとさせていただいております

当事務所のサポートにご興味がある方は・・・

まずは、お電話(086-226-1418)ください。
お打ち合わせの日程を調整させていただきます。
初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。
あなたにぴったりのサポートプランをご提案させていただきます。
メニュー

問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL 086-226-1418 受付時間 平日 8:50 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 岡山会社設立相談センター All Rights Reserved.