岡山県南での会社設立・創業融資・助成金申請を徹底サポートいたします。運営は澤根哲郎税理士事務所。無料相談は随時受付中です。まずはお気軽にお問合せください。

法人化シュミレーション

  • HOME »
  • 法人化シュミレーション

法人化シミュレーション

個人事業主で、ある程度事業を継続していくと、法人にした方がメリットが多くなる場合が多くなります。これを「法人成り」といいますが、果たしてどちらの方がメリットが大きいのかは、診断をしないと判断が難しいところです。

法人化診断とは、所得税と法人税はどちらの方が税金を少なく抑えることができるかといった税金のことや、社会保険料などに関するシミュレーションをはじめ、ご依頼者の将来設計を聞いてうえで法人化がよいか個人事業主がよいか、最適な方法をアドバイスさせていただきます。

必ずしも法人化する必要はありませんが、法人化した方が得られるメリットも多くあります。当事務所では、法人化シミュレーションを無料で実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

法人化のメリット・デメリット

メリット

1.経費の幅が広がる

個人事業では認められない費用を、経費にすることができます。たとえば、個人でしか加入できなかった生命保険も会社名義で加入することで、保険料を経費にすることが可能となります。

2.家族に給料を支払える

家族を役員にして、非常勤として給料や退職金を支払うことで、節税効果を上げることができます。

3.社会保険に加入できる(しなければならない)

法人化すると、社会保険に絶対加入しなければいけません。家族を役員にすれば、社会保険料の半分を会社負担にすることができます。

4.社会的信用が大きくなる

法人化することで個人事業主よりも社会的信用ができます。また自身のセルフイメージがあがったり、モチベーションが上がる人も多いです。。

5.無限責任から有限責任に

個人事業は無限責任です。借入金の返済ができなくなった場合には、個人の財産を投げ打って債務を支払わなければなりません。株式会社の場合は、個人の財産である不動産や預貯金を使ってまで返済する義務はありません(担保に取られていなければですが)

6.事業承継がスムーズ

個人事業の場合、事業主が死亡すると金融機関はすぐに口座を凍結してしまうため、事業用の資金も引き出せなくなってしまいます。会社の場合は会社名義のため、凍結することはありません。

デメリット

1.運営コストが増える

帳簿が複雑になるため、決算などは専門家に依頼しなければならなかったり、法人市民税や法人県民税などの税金の支払いも必要となります。

2.お金を自由に使えない

個人事業であれば、どんぶり勘定で家の事業のお金は同じという方も多いですが、法人化した場合、会社から給料や配当という形でお金をもらうことになります。役員の場合は役員報酬という形でお金をもらいますが金額の変更は年1回しかできません。

以上のようなメリット・デメリットを踏まえ、お客様にとって最も適切なあり方を専門家としてアドバイスします。お気軽にお問合せください。
法人化シミュレーションは無料です。
岡山で法人化をご検討されている方はお気軽にお問合せください。

当事務所のサポートにご興味がある方は・・・

まずは、お電話(086-226-1418)ください。
お打ち合わせの日程を調整させていただきます。
初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。
あなたにぴったりのサポートプランをご提案させていただきます。
メニュー

問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL 086-226-1418 受付時間 平日 8:50 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 岡山会社設立相談センター All Rights Reserved.