岡山県南での会社設立・創業融資・助成金申請を徹底サポートいたします。運営は澤根哲郎税理士事務所。無料相談は随時受付中です。まずはお気軽にお問合せください。

会社設立の流れ

  • HOME »
  • 会社設立の流れ

会社設立の流れ

1.会社概要の決定

会社概要とは、会社の名前(商号)、事業目的、本店所在地、役員に関する事項、機関設計、株主構成、資本金の金額、発行株式の数や金額、事業年度などをいいます。

2.役員(取締役・監査役)の選任

設立時の役員(取締役・監査役)を決めます。
新たに開業する小規模な会社では、取締役は1名だけの会社や取締役は複数選任で監査役を設置しないことが多いです。そして取締役の中から代表取締役を決めます。取締役1名だけの会社は、取締役がそのまま代表取締役となります。

3.類似商号調査

似たような名前の会社が同一市町村内にないかを調査します。商号は法務局で無料で調べることができますし、インターネットで商号名を検索して調査することもできます。

4.印鑑の発注

会社代表印・銀行印・角印等を発注しておきます。会社代表印は登記申請書類に捺印する必要があります。

5.定款の作成

会社の基本的な決め事を記載した書類「定款」を作成します。会社設立手続きで最も難解な部分かつ、大事な作業です。

6.定款認証

公証人役場で定款が正しいものであるという「認証」を受けます。定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもOKです。定款の内容については、公証役場にFAX等で事前チェックを受け、確認後、電子定款の認証の手続を行います。電子認証にすれば紙定款のとき に貼る収入印紙代4万円が掛かりません。

7.資本金の払込

定款において決めた資本金(定款記載の出資額と同額)を出資者自身の名義で発起人名義の銀行口座払込します。通帳に振込人名を印字するため、原則として、預入ではなく振込した方が確実です。振り込んだら通帳を記帳して、通帳の表紙、裏表紙と振込金額が記載された通帳のページのコピーをとります。

8.登記申請

資本金払込後、2週間以内に法務局へ登記申請をします。設立登記に必要な登記申請書、登記事項、払込証明書等 の登記申請書類を作成します。会社成立日は「登記申請をした日」ですので、ご注意下さい。

9.設立登記

法務局で設立登記の申請を行います。 書類に不備がなければ5日ほどで登記簿謄本や会社の代表者印の印鑑証明を取得できます。法務局や混雑状況によっては、2、3日で設立登記は完了し、登記簿謄本を入手できます。

10.登記簿謄本と印鑑証明書の取得

法務局で会社設立登記が完了すると、会社の登記簿謄本と印鑑証明書を取得することができます。登記簿謄本は、会社設立後の税務署・地方自治体への提出、社会保険への加入、銀行口座開設の際に必要となります。

11.銀行口座を開設

会社設立後、速やかに法人の銀行口座を開設し、個人の口座に振込んだ資本金を法人口座に移します。

12.法人設立届等の提出

会社設立後、法人設立届等を提出します。税務署、労働基準監督署(労災保険)地方公共団体、公共職業安定所(雇用保険)社会保険事務所など行くべきところは結構多いです。


これだけのことを全て自分ひとりでするのは、かなりの労力を強いられると思います。当事務所の場合は設立の手続きはもちろん、後の会社経営状況も考えた設立のアドバイスをさせていただきます。
kigyou

当事務所のサポートにご興味がある方は・・・

まずは、お電話(086-226-1418)ください。
お打ち合わせの日程を調整させていただきます。
初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。
あなたにぴったりのサポートプランをご提案させていただきます。
メニュー

問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL 086-226-1418 受付時間 平日 8:50 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 岡山会社設立相談センター All Rights Reserved.